ひとり仕事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピーカーのセッティング

前の記事で「IN50SEは中域の張りが強くキツく感じる時がある」と書いたのですが、地道にスピーカーの位置を調整することで大幅に改善されて来ました。
現状は張りが強いと感じることは無くなり、むしろ中域に適度な厚みを感じ好ましく思えます。
当初はケーブルを柔らかい音のするものに換えてみようかとも思ったのですが、思いとどまって良かったです。(予算が無かったのも有りますが・・・)
下手にケーブルを換えてしまうと、セッティングが悪いのか、ケーブルとの相性が悪いのか判断がつかず、無駄に散財をしてしまうことになりかねないですからね。。。
今までも適当に置いていた訳ではないのですが、改めてセッティングの重要さを感じました。


きっかけとなったのはこの本
CIMG3365.jpg
どちらかというと、これからオーディオを本格的に始めようとする初心者向けの内容ですが、スピーカーのセッティングの基礎的なところから具体的に分かりやすく書かれており参考になります。
付属に高音質録音のCDが付いているのですが、現状では納得できる音で鳴ってくれず、本に書かれているような感動を呼ぶ音では鳴ってくれる日はまだまだ先の様です。。。


スポンサーサイト

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/28(水) 23:54:36|
  2. ⇒オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ATOLL IN50SE 侮りがたし

ネット上ではやたらと評判の良い「IN50SE」ですが、正直最初は「そこまで良いかなぁ・・・」という感じでした。
やはり気になるのは中音域の強い張り具合。
ソフトによっては女性ボーカルがキツく感じます。
ただ実際に使われている方のブログなどでは絶賛の嵐な訳でして、そこまで大勢の方の評価が高いという事はやはりこれは私の使いこなしに問題がありそうだという事で、再度セッティングをやり直す事にしました。

まずは手始めにスピーカーの位置決めから。
今までより左右の間隔を20cm程広げ、内振りをやめて真正面に向けました。
すると少しキツさが和わらぎ、スッキリした音になってきました。
しかも今までであればこの様なセッティングにするとセンターが薄く感じたのですが、ここでIN50SEの中音域の張りが生きて十分厚みを保っています。
出ない音を出すのは大変ですが、出過ぎる音を調整するのはセッティングやケーブル類でなんとかなりそうです。
前後方向も調整し今までより若干後に下げた位置で取り合えずOKとしました。
CIMG3292.jpg
写真で見るとスピーカーが思いっきり外を向いている様に見えますが、真正面を向いています。

CIMG3294.jpg
CD6003の下には大昔に買ったタオックのインシュレーターを敷いています。
本当は純正の脚を外してちゃんとネジ止めしたかったのですが、インシュレーターがどうしても3個しか見つからず、仕方なく純正の脚はそのままで3点支持にしています。
少し音の重心が下がった気がします。

CIMG3296.jpg
CDだけ電源ケーブルを交換しています。
ベルデンのケーブルにマリンコのプラグのものです。
どうもベルデンのケーブルは高域がキツい気がするのですが、解像度は高くなるので、とりあえず使っています。
あとはアンプの電源ケーブルも変えたいのですが資金がないのでしばらくはこの状態で聴き込んでみようと思います。
あと部屋の響きも結構多いのでその辺も今後の課題です。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/07/01(木) 18:52:16|
  2. ⇒オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

tutima FX 633

少し前の事ですが腕時計の革バンドがボロボロになってきたので新しい物に換えました。
CIMG3290.jpg
腕時計は1本しか持たない主義でして、愛用の時計は「Tutima FX633」というドイツの時計です。
ドイツのミリタリーウォッチというと「Sinn」が有名だと思いますが、TutimaもNATO軍に納入実績があるメーカーで、こちらの方はあまり知られていない様ですがマイナー好きな自分にとっては魅力的です。

で、バンドは初めてのNATOバンドタイプにしました。
「タイプ」で本物ではありません。
私は腕が細いので本物だと折り返し部分が長すぎてカッコ悪そうだったので、本物ではありませんが少し短めでちょうど良さそうな長さの物を選びました。
革製とも迷ったのですが、これは値段も2千円ちょっとと手頃ですし、これから夏に向けてナイロンバンドは汗に濡れても洗えるので重宝しそうです。
  1. 2010/06/15(火) 00:00:21|
  2. ⇒日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Marantz CD6003

CDプレイヤーはMarantz CD6003
CIMG3012.jpg
クセのない耳馴染みの良い音がします。
デジタル出力のON,OFFやディスプレイ表示のON,OFFが出来、取り説によるとそれぞれOFFにする事で音質が向上するとあります。
試しにデジタル出力をOFFにすると若干音がクリアになった気がしますが、その分音がキツく感じ耳馴染みの良さが失われてしまう気がします。
さらにディスプレイもOFFにすると一層その傾向が強まります。
確かに音は変わりますが、それが良いかどうかは人によるかと思います。自分にはデジタル出力OFF、ディスプレイONが丁度良い感じです。

CIMG3281.jpg

これで新しいシステムの完成です。
スピーカーは変わらず「ブリロン1.0」です。
RCAケーブルは CHORDの「COBRA 3」
スピーカーケーブルは ETI社の「eXpress 4」

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/12(土) 17:56:25|
  2. ⇒オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ATOLL IN50SE

また懲りもせず、試聴もせずに買ったアンプは「ATOLL IN50SE」
おっされ~な、おフランス製のアンプです。
ネットから得た情報だと、ちゃんとフランス国内で製造しているそうで、「ATOLLはひとつひとつの部品にこだわりがあり日本向けにはちゃんと100V仕様にして輸出している」とのことでした。
じゃあ他のメーカーは「ちゃんと」100V仕様にしてないの?と疑問に思ってしまいますが、それは置いておくとして。。。
でも確かにメーカー保証は2年間も付いてますし、しかもファーストオーナーがユーザー登録すればセカンドユーザー以降にも保証が譲渡されるなど、とても良心的なメーカーだと感じます。

CIMG3280.jpg
見た目はシンプルでちょっとレトロ調。
ボンネットのパンチング穴もちゃんとデザインされてます。
脚は「まさか!」のゴム脚だったりしますが、以前使っていたマッキントッシュのプリも50万円オーバーながらゴム脚でした。
国内メーカーだったら有り得ませんが、海外製だと思うとなぜか許せちゃいます。
あとリモコンのボリュームが一度チョン押ししただけでは音量が変わったか分からないぐらいの微調整が出来て良い具合です。
某国内メーカーのアンプのリモコンがステップが大き過ぎて使い物にならなかったのとは大違いです。

またATOLLの製品は性能の割に価格が安いと言われている様ですが、カタログで他のプリやパワーなんかのリアパネルを見比べるとある程度合理化して価格を押えているのが良く分かります。
基本的に同じ出力であれば「プリメイン」「プリ」「パワー」と同じシャーシを流用しているようです。
プリで付いていないスピーカー端子や、パワーには付いていない端子部などはそれぞれ「メクラ蓋」をして開口を塞ぎ、シャーシを兼用しています。
私のIN50SEの端子廻りにもメクラ蓋を止める為のネジ穴が開いてます。
フロントパネルもIN30~100までは基本的に同じ様ですね。(IN30はボリュームノブがありませんが、板取りは同じだと思います)
この辺、国内メーカーとは考え方が違っていて面白いです。

肝心な音はまだ10時間程度しか聴いてませんが、当初は中域のクセというかテンションがやけに強く、曲によってはキツく感じることもありましたが、最近は徐々に落ち着いてきている感じです。(耳が慣れた?)
全体的におおらかで、あとなぜか歌詞がとても聞き取りやすいです。

ただ、今まで使っていたプッチーニと比べてしまうとやはり全体的にはまだ及ばない感じもしてしまいます。
特に定位に関してはプッチーニの場合スピーカーの真ん中にボーカルがビシっとまさにそこに立って唄ってる感じで気配まで感じられる様でしたが、ATOLLの場合はもう少し音像が滲む感じです。(CDPもプッチーニの時とは違うのでアンプだけのせいではありませんが・・・)
まあプッチーニもエージングが進んでまともな音が出るようになるまで1年近く掛かりましたし、何より価格差が3倍近いのでこの辺は仕方がないでしょう。。。
でもATOLLはかわいくて気に入っているので、この先エージングが進んでいくのが楽しみです。


テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/10(木) 17:35:47|
  2. ⇒オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わらしべ貧乏

前回、前々回の記事で紹介した、あれほど気に入っていたトライオードのCDPとアンプのプッチーニが先日新たなオーナーの元へと旅立って行きました。。。
いえ決して音に不満があった訳ではありません。
お金が無かったのです。。。(涙)
CIMG3002.jpg


実は家のクルマのタイヤがもう限界に達しておりまして、去年からカー用品店やスタンドやらディーラーに行く度に「そろそろ換えないと危ないですよ~」と言われ続けておりました。
しかし、側面に無数のヒビが入っているものの、「どうせタイヤを売りたい口実でまだまだ大丈夫だろ」と思い、にこやかにやり過ごしていたのです。
とは言うもののやはり気にはなるので時折チェックはしていたのですが、先日タイヤを見てみるとついに「無数のヒビ」が「無数の亀裂」に進んでいるじゃあ~りませんか!!
さすがに「ちょっとヤバくね!?」という事で交換する事に至った次第でございます。

中古で購入した車で、フロント側は1度交換されておりまだ大丈夫なのでリヤの2本のみの交換でよいのですがミニバンでタイヤがデカいので結構高いんです。。。
とはいえバーストでもしたら命に関わります。
早急に交換しなければなりません。

が、3月は年度末という事もあって仕事が極端にありません。
蓄えもありません。
恥ずかしながらタイヤ代を捻出するのも大変難しい状態だったのです。。。
で、泣く泣くアンプとCDプレイヤーをオークションに出品し、新しいタイヤと安いアンプと安いCDプレイヤーを買う事にしたのです。

思えば3年ほど前まではセパレートアンプを使い、トータル100万円以上するシステムを使っていたのですが、何かある度にだんだんと安い製品に買い替え・・・
まさに「わらしべ貧乏」状態です。。。

しかし。。 あれほど気に入っていた装置を手放したというのに。。。

新しい装置を選ぶのって、とてもワクワクするものですね^^

とりあえず機種も決まり注文も済ませ、あとは到着を待つばかりです^^
また到着したら記事を書こうと思います。

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/01(木) 10:12:34|
  2. ⇒オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

shuuyu

Author:shuuyu
自宅で委託設計の仕事をしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

クリック募金

クリックすることであなたに代わってコスモ石油など大手企業が募金をしてくれるサイトへ飛びます。

最近のトラックバック

ブログ内検索

月別アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

RSSフィード

flOw

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。